ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.13 Tuesday

磯活

 

 

 

「今、何時ですか?」

私 「もう16時30分よ!」

「まだ30分もある!」

 

eiki君、あんたねぇ。。。笑

瀬渡し船の回収時間は、だいたい17時前後。

ポイントへの距離やお客の人数によっては、少し早めの回収もあります…

フカセ釣りの性質上、片付けなければならない道具はいっぱい。

私は余裕を持って片付ける方なのですが。

まあ、気持ちはわかるけどね。笑

 

 

 

 

 

 

 

日中渋かった当たりも、夕マズメになれば明確になり、

納竿時刻を睨んだ切迫感も相まって、舞台は最高潮!

竿を畳む時は、本当に後ろ髪を引かれます。

 

「ほら、eiki! お迎えきたよ。」

バタバタ片付け始める・・・

若干?年上の私がフォローせねばなるまいて。笑

 

 

 

 

 

 

当日は、”大風に風裏なし”

うねりとの合わせ技で、釣りにくさMAXだったのですが、、、

撒き餌を撒くと、色んな魚種の魚影がたくさん確認でき、

辛い時間帯も集中力を保つことできました。

 

アウトレイジな魚族も多く、その強引に何度天を仰いだ事やら。。。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ寒グロ釣りも本格的にシーズンイン。

食味も良くなる季節であります^^

 

久方振りに良い釣りをしてホクホク顔のeiki。

寒爆風も、彼にはヌル〜イそよ風らしい。

全天候型変態釣り師健在だね。笑

 

 

 

 

頑張れ!負けるな尾長!

そんなハリス、すり切っちゃえ!

だがしかし、、、

応援虚しく仕留められてしまった。泣

 

 

2018.02.09 Friday

余命4年なり。。。

 

ライフジャケット着用義務範囲が、今月初めより法改正されましたね。

これからは、国交省に承認されたものを、

必ず着用しなければなりません。

広い海域を移動する遊漁船なら、桜マークのAタイプ以外は罰則あり…

磯用のフローティングベスト等は、おかっぱりや瀬渡しではOKですが、

船釣りでは使用不可となりました。

あの人命救助時に着用されるオレンジベストはOKね。笑

その罰則は、船長に与えられる訳ですが、、、

逆に、船長側からすれば、罰則を理由にお客に着用徹底できるのだから、

”渡りに船”なのかもしれませんね。

安全を担保する法改正なので、アングラー側も納得すべきなのでしょうが…

 

 

 

 

 

 

あれ?

私の所有する、一番新しいカーペンター製のライフウェストは認可外。

どうやら、国交省承認はあるものの、

救命胴衣ではなく、救命浮輪の分類らしい。

ややこしいですが、我々が通う遊漁船では、

例え桜マークAタイプでも、救命浮輪は認可外との事。

なんてこったい。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

気になったので、以前使用していたパズデザイン製のライフウェストを調べると、、、

こちらは、桜マークAタイプの救命胴衣で一安心。

でも、古くなってきたから買い換えたのになぁ・・・

まさか、買換え需要を掘り起こす法改正ではないよね?

もっとも、これから4年間は移行期間という事で、

罰則の運用はないとのアナウンスはありましたが、

厳密に言えば、認可外モデルの使用は違反状態となります。

こりゃ〜某SHOPの高価買い取りキャンペーン、期待しとこうかな。爆

 

 

 

 

これまたカテゴリー違うのね・・・

ギリギリ要件内か。

しかし、すべてが高階のOEMとは。

株価爆上げね(・∀・)

 

 

2018.01.29 Monday

玄界灘でキャスティングゲーム!

 

 

 

 

 

ちょっと想像してなかったなあ。

玄界灘で、ガンマ投げてヒラマサ狙う自分を。。。

素晴らしいフィールドに呼んで頂いてるので、

ジギングだけでは、何か勿体ない気はしていたのです。

そこで、テシマさんに相談したのが去年の晩夏。

で!ようやくお薦めタックルが届いたとの一報が。

カーペンター製ブルーチェイサー84/22R-Power1

この竿片手に、赤間船長操るKRUISEに乗船です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

何せ、キャスティングで本格的にヒラマサ狙うのは初めて!

何もかもがぎこちなく、そして要領も悪く・・・

見かねた赤間船長や水上師匠が、分かりやすくレクチャーしてくれる。

何とか形になったかな?と思った頃、

その時は突然やってきた!

 

ドカンと飛び出てきたと思ったら、手元に伝わる強烈バイト!

ヒラマサの暴力的なパワーで体ごと持って行かれそうになる。

なんて引きなんだ!

中々体が思うように動かないし、リールも巻けない。

それでも何とかしなければ。

周りのメンバーも、ビギナーである私を応援してくれる。

赤間船長が的確に指示してくれるおかげで、

不格好ながらも、何とかランディングに成功^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのキャスティングで、獲る事出来たヒラマサ。

感無量。泣

メンバーがハイタッチで祝福してくれる。

皆さんの声援のおかげです^^

ビギナーズラック、私にもありました。笑

渓流では、「ポコポコスタ〜イル♪」とdisられる私。

でも、このルアーはポコポコさせていいもんね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ロマンチックは止まらない。

こんなでっかいサワラも、TOPで逮捕してしまった。

こいつを釣る前も、やり取りの末に惜しいフックアウト有り。

何だか…キャスティングの才能あるんじゃないの、俺。

なんて、、、調子にのった邪念がいけなかった。

またもや強烈バイトを拾い、鼻歌混じりで引き寄せる♪

立派なヒラマサが急浮上し、勝負あり!

右舷から左舷に魚を回し、赤間船長にランディングしてもらう刹那に事件勃発!

ランディングを嫌がったヒラマサが、首を振った瞬間ラインブレイク。

私と赤間船長、二人して茫然。

「俺のガンマが・・・8000円以上もするのに。涙」

カスケットのレジ音が、「チ~ン♪」と遠くで聞こえたぞ。。。

 

 

 

 

 

 

釣行後、小腹が空いたので、、、

赤間船長激押し、みそちゃんぽんを食べに行ってみる。

実は、私とテシマさん・・・

そのちゃんぽんを疑いながら注文したのです。

今一だったならば、赤間船長をdisる気満々。

あ、あれ?なんだか美味いぞ。。。

こんなはずでは。笑

きっちり堪能してからお会計。

店主の娘さんかな?小さい女の子がレジのお手伝い。

一生懸命な接客に、二人してほっこり。

ジグ上師匠!心が曇った時にはお薦めですぞ。爆

 

 

2018.01.23 Tuesday

鮎の干物 第二弾

 

 

 

 

 

大雪NEWSにびっくりしてます。

宮崎県の平野部には、遠いお話に聞こえますが。汗

もし、ここにあれだけ雪が降ったら、、、

完全に地域経済麻痺間違いなしです。

 

ラストの鮎在庫。

前回の”一夜干し”は、大成功!

今度は、”天日干し”に挑戦です。

しかし、この干物造り、

延べ一日作業に加え、天候にも左右されるので、、、

思っていたより手間暇掛かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に掃除した後、

粗塩4%食塩水に料理酒60cc加えて一時間。

余分な水分を取って、天日干し。

当日の天候は、、、

日中13℃で湿度40〜50%弱、北東からの潮風。

試しに、4時間位いってみようか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ待つのも、勿体無いので、、、

サーフで軽くJOG。

ここなら膝も痛めないので快適^^

往復3hコースで設定したら、、、

走行距離20卍兇┐討泙靴燭諭笑

 

 

 

 

 

 

 

撮影隊がエントリーしてました。

最近の釣果は、どうなんだろうか?

護岸工事の影響なのか、濁りの入る事が多い様ですが、、、

人気スポットは、相変わらず賑やかでありました。

 

 

 

2018.01.16 Tuesday

玄界灘でヒラマサジギング!

 

やってきました、玄界灘!

いつものKRUISE、赤間船長お世話になります^^

 

 

 

 

 

 

左舷でのんびりジギングしていると、、、

右舷のTOP組が何やら騒がしい。

どうやらテシマさんにHITしたみたい。

左舷側に引き摺られてきた魚を見てびっくり!

大きなタモに収まり切らないサイズ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的な存在感!

16.7キロですってよ!!!

しかし、君・・・

よく見ると、あんまりヒラマサっぽくないよね?

かと言って、ブリではないねぇ。

 

赤間船長 「ハイブリッドですね!」

 

ここでレアキャラ、ヒラマサとブリのハイブリッド、ブリヒラ登場。。。

赤間船長 「ヤズ寄りですね。ニヤニヤ(・∀・)」

テシマさん 「ヒラマサ寄りやろ!怒」

 

ヤ、ヤズって、、、

赤間船長とテシマさんの掛け合いが面白い。笑

 

 

 

 

ドヤ顔。笑

 

 

だけど、ブリだろうがヒラマサだろうが、ブリヒラだろうが関係ない!

とってもシビアな状況で獲った、価値ある一尾!

おめでとう、テシマさん!

それに、、、

なんてったって、ブリヒラ旨いしね。笑

差し入れしていた宮崎県民のソウルフード「なんじゃこら大福」が、

毒まんじゅうの汚名着せられなくて良かった。笑

「また持ってきて!」って、、、

途中までdisってたくせに、

あんた、ゲンキンな人だな。爆

 

 

で、あんたはどうだったのかですって?

いやいや、人には触れてはいけない事ってあるもんですよ。泣

宮崎からやってきた可哀想なおさ〜んに、

テシマさんからプレゼント!

16.7キロが我が家にやってきた。。。

大福が16.7キロに化けたよ。爆

なんというわらしべ長者!
次回からは竿じゃなく、大福だけ持っていこうかな(・∀・)

 

 

depth8.jpg

こいつはやばい。汗

 

 

2018.01.05 Friday

鮎の干物

 

球磨川で掛けた尺鮎や大鮎。

大物鮎師はどう処理しているんだろう?

大きいと何かと使いづらいし、評判も色々だし、、、

流石に、気軽に差し上げられない。汗

なので、考えました。

そうだ!干物に挑戦してみよう^^

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなる季節を待ってました!

天日干しと一夜干しを迷いましたが、

まずは一夜干しから。

解凍され、背開きにされる球磨川の尺鮎や大鮎たち。

鮮明な記憶が蘇ってきますね。

塩分控えめ、日本酒ちょびっと入れて一時間。

余計な水分を取って、しばし熟成。。。

あとは干し籠に並べて、夜露に濡れない様に一夜干し。

外気温4℃湿度低めで、北西の微風。

うまく仕上がってくれよ〜

 

 

2018.01.02 Tuesday

A happy new year 2018

 

新しい年が始まりました。

今年はどんな年になるのか、、、

 

釣りの予定は少し先なので、

最近の釣りを振り返る事にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

竿を握って潮の香りを嗅げば、病気知らず。

場所はもはやどこでもいいらしい。笑

子供たちやサビキのおっちゃん等に交じってフカセ釣り。

故郷に帰省する僅か数時間前の出来事。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の話らしいが、、、

サビキのおっちゃん等が外道で捨てたヒイラギを、

こっそりタモで掬ってぶつ切り。

それを餌にカマスを釣り上げるしぶとさ!

あんた、本当に釣り変態だわ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

久方ぶりに烏賊釣り。

エギングや跳ね上げ式のウキ釣り、掛け針背負わせる泳がせ等、

色々な釣り方をしてきましたが、やっぱりヤエン。

オカサンヤエンの信者であります。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

活きのいいアジを泳がせ、烏賊がやってくるまでひたすら待つ、、、

退屈な時間ではありますが、のんびりしたい時は最高です。

烏賊が乗ってからは、ゲーム性が格段に跳ね上がります。

まだ針掛かりしていない烏賊を、

ヤエンの射程までジワジワ寄せてきます。

如何に警戒心を持たせないかが勝負処!

そんなやり取りの末に、ヤエン投入する時はドキドキ。

トラブルなく、烏賊までたどり着いてくれよ〜

針掛かりに失敗する事もあるのですが、

ここら辺の緊張感が楽しいのかもしれません^^

 

 

 

 

 

 

 

ヤエンの投入風景。

本人の名誉のため名前は伏せますが、、、

来た来た〜〜〜!

と、大騒ぎしてヤエン投入する某氏。

しかし、私にはどう見ても烏賊の当たりとは思えない。。。

当人ニヤニヤしながらラインを巻き取っている。

あがってきたのは、空振りしたヤエンと元気なアジ。

何の事はない、餌のアジが活き良すぎてドラグを出しただけ。

うん、恥ずかしいね、ニ●ンちゃん。爆

 

 

 

 

 

 

そして、ジギング。

当日は当たりが遠かったなぁ。。。

原因は色々想像できるのですが、

本当のところは、魚に聞いてみないとわかりません。笑

 

そんな厳しい状況でも結果を出すhamaさん。

諦めずに竿を振り続ける根性と、、、

そして、釣果を叩き出す”しぶとさ”は、是非見習いたいところ。

 

 

 

 

 

 

 

そんなhamaさんに気持ちを引っ張って貰い、

なんとか終盤に釣果をポツポツ得る事できましたよ。

ネリゴ釣果ではありますが、これは嬉しかったなあ^^

 

さて、今年の初釣りはどうなるかな?

渓流解禁もすぐにやってくるので、

体力の維持管理、道具のチェックも早めに始めなければ。

そして、鮎竿!

いよいよメインの竿の更新時期・・・

予算が潤沢ではないので、悩む時期の始まりでもあります。

 

 

 

2017.12.27 Wednesday

end of campaign

 

 

 

 

 

ネリゴのアベレージサイズが大きければね〜

多少無理の効くシステム使えるのですが。。。

5垓瓩入れていたドラグが止まらない一撃!

カンパチなのか、サメなのか?

ノットも本気で見直さないと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

水温は17℃台で、いい感じに低下中。

釣れたネリゴの胃袋は空っぽ。

こうなると、群れのスイッチ入れるのは一苦労。

これだけは、乗船しているアングラー全員で協力です。

 

スイッチさえ入れば、、、

嬉しい連発で、楽しい時合がやってきます^^

スイッチが入ればですけどね。笑

 

当日は、シャロー域に大量の漁船団。

どうやら、サワラの群れを追いかけているらしい。

そういえば、この日もカッターされたなあ。。。泣

 

 

 

 

depth6.jpg

 

 

 

 

と言うことは、こちらにもベイト接岸中?

ボラはよく跳ねてますけどねぇ。

鵜が頻繁に狩りをしているので、食べ頃がいるのだろう。

ヒラメって、今どうやって釣るのかな?

眺めていると、ジグヘッドにワームの率高そうですが。。。

サッパ釣って泳がせ!が一番楽かも。笑

 

 

 

2017.12.19 Tuesday

風物詩

 

depth3.jpg

 

 

 

すっかり定着したジャンルになったみたいです。

この時期は、県外ナンバーもずらりと並びます。

平日ですが、デイゲームも活況みたい。

見えにくいですが、等間隔でアングラーが並んでいます。

エントリー間際のアングラーにお話しを伺うと、、、

「ヒラメがボチボチ当たります^^」

 

食味最高なんだけど、根気がいる釣りになるしなぁ。。。

誰か釣ってきてくれんかな。笑

 

 

 

2017.12.12 Tuesday

釣り師のたしなみ

 

 

最近の沖磯は、バリの勢力が拡大中。

今に始まった事ではないのですが、

クロ一尾釣るのに、何度もバリと格闘しなければならなくなってしまった。

しかも、高確率でリリースされるので、減る事はないのかも。。。

あの毒ヒレとアンモニア臭さえなければねぇ。

かわす事がままならないならば、、、

この際ターゲットにしちゃおうか!笑

 

 

 

depth3.jpg

 

 

 

 

釣り場に干し籠持ち込んで、もう全部ひらきにしてしまえ。笑

禁断のジンクス無視して、包丁まな板セットしてのバリ釣り。

 

あれだけ勢いあったバリも、流石に喰い渋るし!爆

殺気だして釣ると、やっぱ釣れなくなるんだね〜

 

 

 

 

depth2.jpg

 

 

 

 

おいおい!

お昼過ぎから南風が吹いてきて、急に天候悪化。

雨までぱらつく始末で、干し物造りは断念。泣

しかも、沖磯全船回収・・・

誰の行いが悪かったのやら。。。

 

 

 

 

depth1.jpg

 

 

 

 

翌日は寒波襲来で、バリの干し物も首尾よく完成。

紙塩で塩分控えめに仕上げたので不安でしたが、

びっくりする出来栄えで抜群の旨さ!

天日干しで、あの独特な匂いも消え去るし、

手塩に掛ければ、素晴らしい食材に生まれ変わるもんですね。

これは癖になりそう。。。

 

 

 

Powered by
30days Album