ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.01.21 Tuesday

キター!

 

depth3.jpg

NO MORE ドヤ顔!

 

 

「ようやく時代が、俺に追いついてきた!」

 

うんうん、追いついた、追いついた^^

大事な事なので、二回言いました。

その調子、その調子!

勘違いをしていないあなたは、、、

全く面白くないのだから、それでいいのデス。笑

 

 

 

depth2.jpg

 

 

 

ネリゴ、爆釣中!

 

2020.01.06 Monday

2020年

 

 

 

 

西暦2020年、令和2年庚子の始まりです。

家族・友人知人、そして…世の中が、

平穏な時を過ごせるといいなあ…と、願うばかりです。

何に憚る事なく、釣りに行きたいしね^^

 

 

 

当然、その初物カンパチは、新年会に提供するんだよね?

 

 

正月早々、不運なカンパチ。

まさか、”あの人”に捕獲されてしまうなんて・・・

雨男・時化男と罵られ、周りを貧果地獄に巻き込む厄災!

と、恐れられた昨年・・・

しかし、今年はどうした事か!

晴天ベタ凪に加え、断トツの釣果を叩き出すなんて。。。

「汚名返上〜!謙虚?何それ美味しいの?」と、新年から吠えまくる!

ドヤ顔が腹立たしいので、白黒全身モザイクに自主規制だな。

 

 

2019.12.31 Tuesday

2019年・・・

 

心落ち着かない年末でした。。。

”あの人”をいじり過ぎたのか、

釣行計画の殆どを、雨天・時化にて中止に追い込まれ・・・

行けた時もあったのですが、潮が停止してしまうという…

”因果”って、あると思います。泣

そんな当人も、自爆する格好になってしまうのが、、、

何をも言えぬ哀愁を感じてしまいます。爆

 


 

 

 

 

よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

2019.11.26 Tuesday

Current situation

 

 

 

 

翌日の天気が崩れるという話なので、

ちょいと仕事をチョンボして・・・

地磯行脚の逃避行。

台風崩れの低気圧の影響で、磯は全面クリーミーなサラシの様相。

これは頂きでしょ!

すぐに、ヒラスズキの出る出るツボを発掘!

釣りに行けない”あの人”に、

嫌がらせメールしてミッションコンプリート。

 

 

 

f1ea0e2e.jpg

 

 

 

凪が良ければジギング!

こちらもネリゴが高活性^^

よく釣れるので…

釣りに行けない”あの人”に、

嫌がらせメールして、またまたミッションコンプリート。爆

 

 

2019.11.01 Friday

salt water 開幕!

 

 

 

 

開幕といっても、お休みしていた訳ではないんだけどね。。。

山女魚や鮎が気にならなくなるというだけ。

さて、その釣況は?

迷わず行けよ、行けば分かるさ。笑

 

 

 

 

 

 

バーチカルはどうだい?

1.5〜2團ラスのネリゴがポツポツ当たりますよ^^

時折、5〜6團ラスのネリゴも、ジグをひったくっていきます。汗

根切りを油断すれば、ニベも当たっちゃう。

クーラー満タン…には程遠いけど、遊ぶ分には十分満足でしょう。

 

 

 

 

 

 

サーフェスには、いるのかな?

低気圧通過直後を狙ってみる。

 

 

 

 

 

 

おっ!いるいる^^

バイト頻発!…という感じではないけれど、

コンディションの良いヒラスズキに大満足!

 

トップウォーターも気になる・・・

 

 

 

 

 

 

見事な誘い出しで飛び出た、10キロオーバーのヒラマサ!

バイトの瞬間も見ていたから興奮したよ^^

おめでとう、mizukamiさん!

玄界灘も盛り上がってます^^

 

2019.10.23 Wednesday

球磨川で納竿しよう・・・

 

 

 

 

球磨川を眺めながら219号を走る。

全く友鮎師がいなくて寂しい。笑

ポイントは選び放題だけど・・・渇水気味なので、

普段、なかなか入川出来ないポイントをチョイスしてみる。

 

 

 

 

 

 

直下は二股の瀬。

いつもなら… そこに立ってあそこにオトリは入れられないだろうなあ。

もし大鮎が掛かったら・・・

尺鮎でもブチ抜かなければ獲れない。

流れ下ったら、間違いなく逝けるもんね。汗

掛からなかったから、命拾いしたけど。。。

 

 

 

 

 

 

”あの人”に問うてみる。

「去年のリベンジどうよ?」

「念願の!出来る鮎師オーラを獲得できたかい?」

 

あの人 「」

ま、また来年があるさ・・・汗

 

2019年 鮎納竿

 

2019.10.18 Friday

まだ行くの?球磨川に…

 

 

 

 

ちょっと?錆びてきたけど・・・

まだまだ行けるよね?汗

 

 

 

 

 

コスパのいいアーマードを使ってるけど・・・

0.3号で切られる事、2度目。

もう、悔しくってしょうがない!

急瀬の瀬肩で掛ければ、無理もしちゃうけど…

0.4号に上げてダメだったら、頑張って金属に戻そう。泣

 

2019.10.11 Friday

球磨川ブルース

 

そろそろ納竿を意識しての釣行・・・

太陽がしっかり上ってから、球磨川に入川。

ざっと養殖鮎で一流ししてみるも、反応無し・・・

これはもう想定内!

サクッと見切って川辺川に移動する。

大変な賑わいだったけど、空きポイントを見つけ偵察してみる。

竿を出さずに川を歩き回り…見切る!

先客は居たに違いないので、ここから拾い釣りできるかどうかが判断の分かれ目。

次のポイントが空いている保証は無かったけど、

更に彷徨う事を決断する。

そして、実績あるポイントが空いていた事が、分水嶺。

二人合わせて8尾の天然鮎を、短時間で準備出来たのだ!

もちろんサラピン。

天然鮎でやれば、まだまだ掛かりそうだったけど…移動を即決!

当然、球磨川で尺狙いだ。

11m竿を引っ張り出し、オトリを流心に落ち着けると一発でやられる。

やわな仕掛けではないんだけどなあ・・・汗

うまく循環しだした後の、本命ポイントで会心の一撃!

 

 

 

 

 

必死で流れ下り、吊るし込む。

立派な大鮎だ!

尺いったか?

 

時を同じくして、下で釣っていた釣友も掛け下っていく!

 

 

 

 

 

 

やったね!30.8cmあるよ。

文句なしの尺鮎だ!

私が計測したんだから間違いないね^^

 

そして、私の大鮎も計測する・・・

サンジュッテンゼロジャスト!

文句なしの泣き尺だ。( ノД`)シクシク…

 

 

2019.10.04 Friday

assaulter

 

二尾の山女魚がチェイスしてくる!

そのうちの一尾は、鮮やかな朱色だ。

朱色の山女魚は、ひと回り大きく見える。

よし、あの朱色にロックオンだ!

乾坤一擲、渾身のターンを繰り出す。

「お前じゃなあ〜〜〜い!」

当たり前のように、小振りな方がストライク・・・

 

 

 

 

 

 

「よほど魅力ねえアクションなんだろな。」

「山女魚を”威嚇”せんか!」

隣から飛んでくるヤジ。

威嚇ってなんだよ!

 

ライバルとターゲットを見失った朱色山女魚は、目の前をウロウロ。

すぐにも警戒心が高まり、遁走してしまうだろう。

すかさず、脇から飛んでいくウェイビー。

当たり前のように、朱色山女魚がストライク・・・

なあ?

俺、いい仕事しただろう?泣

 

 

 

 

2019年9月末日 渓流納竿

 

2019.09.20 Friday

before sundown

 

 

 

私はもとより、釣友達の顔にも焦燥感。

いや、既に解脱した雰囲気すら感じるぞ。笑

ここに至るまで、笑わせるドラマばかり。

いやいや、釣りに来たんだってばよ。

残された時間は僅か。

「大きく移動!」

この提案に反対する者皆無。

鮎竿持ちながら日没眺めたのは・・・

記憶にないよ。爆

 

Powered by
30days Album