ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.06.16 Sunday

reset

 

 

 

 

 

待望の出水でした!

災害級は困りますが、適度に川を綺麗にしてくれると嬉しい。

白川だろうし、残り垢狙いは気分が乗らないので…

山女魚に行きたいところだったんだけど、やんごとなき事情にて鮎。

なので、ゆっくりと現場へ。

空いているポイントへ潜り込む。

水は、笹濁りで高め。

水温は、17℃台でまずまず。

 

 

 

 

 

 

型が小振りになってしまった。

残り垢探しに飽きちゃって、竿置いて下流域を散策。

鮎が溜まりそうなポイントや、

差してきた山女魚が溜まりそうなポイントを、チェックしておく。

今度こっそり試してみよう。

これからの天気は、どんな予報だったかな?

新垢ついて、フェスティバル始まらないかなぁ。。。

 

 

2019.06.14 Friday

always cheerful

 

 

 

 

いつの間にやら、庭先で自生し始めたコイツ・・・

鮎が解禁した頃から、一斉に咲き出した。

一体、どこからやってきたのやら。

なんとも賑やかで、憎めない花。

調べてみると、”波斯菊”

ハルシャギクと読む。

波斯という文字は、ペルシャとも読むらしい。

ペルシャと言えば、現在のイラン。

原産地は北アメリカらしいけど、何故この名前が付いたんだ?

生まれはアメリカで、名の由来はイランなんてね。

園芸か何かでやってきて、ここに辿り着いた訳だ。

そんな波斯菊なんだけど、その花言葉にクスリと笑ってしまう。

「いつも陽気」

数人、思い当たる顔が浮かんでしまった。笑

 

ちなみに、6月14日の誕生花。

この日生まれの有名人には・・・

アルゼンチン出身のキューバの革命家、チェ・ゲバラや、

米国の第45代大統領 ドナルド・トランプも、6月14日生まれなんだって。

 

 

2019.06.08 Saturday

さあ、始まった!

 

「もう店は予約してある。」

「取引先を6名御招待だ。」

「解禁日は仕事休んで行ってこい^^」

 

これ、うちの社長の言ね・・・

なんというプレッシャー!汗

下見はしていたが、これといった決め手に欠いていた。

どこも芳しくないのだ。

仲間が決めた河川は、自身の目で確認していないので状況が見通せない。

話を聞く限りは、もっともベストな選択に思えるのだが。

釣友達がエントリー予定しているポイントは、少し狭いエリア。

ならば、彼等に伸び伸び釣って貰おうじゃないか。

なので、私は別行動をとる事にする。

 

 

 

 

 

一か所目、張り切ってエントリーするも、見事に外して即見切り・・・

まだまだ修行が足りません。

焦る気持ちを抑えつつ、何とか二か所目に潜り込む。

 

 

 

 

 

 

思いのほか良型!

ホッと一息。

一か所目で掛けた天然を数尾温存していたが、

長旅だったので、少し心配していたのだ。

ノルマは、兎に角たくさん。笑

家族分、仲間内の反省会分も調達しなければね。

 

 

 

 

 

 

結果、想定したノルマを大幅に越える^^

しかし、解禁ならもっと掛かっていいのに…

とか思っていたら、状況は最悪だった事を知らされる。

私は幸運な方だったのね・・・

仲間達も、状況が悪いなりに優秀な釣果を叩き出していて一安心。

それにしても、今年の鮎はどうなってしまうのか?汗

 

 

2019.06.02 Sunday

鮎解禁!

 

 

 

 

 

令和元年、鮎解禁しました。

 

 

 

2019.05.27 Monday

presence of mind

 

 

 

 

そう!

珍しく…お先に尺山女魚を釣ってしまったのだ。笑

なんだろう?

心に余裕が出来ちゃって、

「大きい山女魚、動いてるよ〜」

「今日は、W尺行けるんじゃね?」

なんてセリフを、鬼教官に投げかけてみる。

鬼教官も、ワクワクでテンションあがっちゃって、

「任せとけ!当然だろ?」

的な、余裕綽々な態度で応じてくる。

 

直後、トラップだらけのテクニカルポイントで、

推定尺山女魚を掛け損ねたもんだから、、、

スイッチ、オン!

明らかに、尺狙いのハンターに豹変!

 

 

 

 

 

 

普段なら、小場所叩きに余念の無い鬼教官。

しかし、この日は素通り流し見るだけ。

精度良く、ビシバシ打ち込まれるウェイビー!

そして、永遠と釣れ盛る7寸山女魚・・・

たまに8〜9寸が釣れても無関心。

あくまで狙うは尺山女魚なんだろう。

それでも、釣れ盛る7寸山女魚。

贅沢な話なんだけどね。笑

やがて迎える、脱渓ポイント。

 

そこで最後にポツリ。

「人間、欲をかいたらいけないね・・・」

「平常心が大切です・・・」

 

勉強になります。爆

 

 

2019.05.20 Monday

SLJ

 

 

 

 

”SLJ” スーパーライトジギングの略称です。

昔からあったジャンルとは思いますが、、、

最近、俄かに脚光浴びてるのかな?

高価だったタングステン等のジグも、各メーカーの参入で買い求めやすくなり、

また、タックルやメゾットの進化も、呼び水になっている感があります。

 

 

 

 

 

 

”フルソリッドカーボン”という選択。

 

キャプテン門脇操る第五慶門丸にて。

イサキにシブ鯛、シイラ、アカハタ、アザハタ、サゴシ、サバ、そしてイラ…

八目達成、しかも当たり多数!

まだまだ多くの魚種が狙えると思います!

ライトゲームを目一杯楽しむ事できますね。

しばらくこれで遊んでみるとしますか^^

 

 

2019.05.12 Sunday

three-man cell

 

 

 

 

 

磯でも船でも、ポイント格差は確実に存在する。

同じ磯や船に乗ったとしても、潮上・潮下等…状況次第で大きな差がでる。

まして渓流となれば、その差は歴然!

単独ならば全て叩けるポイントも、二人三人と増えれば均等割り。

その上、ポイントの優劣・個人の技量等を鑑みれば・・・

皆平等にチャンスが割り振られる事は滅多にない。

まあ、個々の技量が高くなれば、チャンスは等しくなっていくんだけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、長い間釣りをしていれば・・・

特異日に当たる事だってあるもんだ。

多人数で釣行する時は、そもそも釣果を期待しない時が多い。

この日も、”楽しければいいかあ”ぐらいの気楽さ。

 

 

 

 

 

 

 

それが見事に裏切られた。

良型山女魚連発、しかも全員安打なんてね。

こんな日に釣り出来た事を、素直に感謝かな。

大満足の早上がりになるよね。

さあ、美味しいお酒が待っているぞ^^

 

 

2019.05.06 Monday

よろしく令和

 

 

 

 

令和時代の幕開けです!

とっても爽やかな五月晴れ。

雨男の汚名返上だね。笑

 

 

 

 

 

サイズは金太郎飴だったけど、、、

山女魚が釣れないポイントを探す方が、

難しかったくらいの大爆釣・・・

大満足の早上がりになるよね。

さあ、美味しいお酒が待っているぞ^^

 

2019.04.30 Tuesday

さよなら平成

 

 

 

 

生憎の雨だけれども・・・

平成最後の日なので、テンションあげて行きますよ!

しかし、、、

ちょいと水増え過ぎかな?

枯葉等の流下物も多すぎる。汗

 

 

 

 

 

 

「水深2m、反応は底から30cm!」

「ベイトはアブラメ!」

出しきらないと、

「反応しちょるけどね〜!」

バラしたら、

「困るなあ・・・ポイント移動!」

 

今日は、言うちゃるとです。笑

久々に、慶門丸の門脇船長と山女魚釣り。

いつもと立場が違って、私が案内人。

高巻きもヘツリも川切りもスパルタなのだ。

ジャンプだってさせちゃいます。

それでもへこたれない体力は、なかなかやるじゃないの^^

 

 

 

 

 

 

ここの山女魚は綺麗でしょ?

ギリギリ、案内人の役目を果たせたかな。汗

 

それにしても、そのスーパーゴアテックス800円の青カッパ・・・

儲けてるんだから、いいやつを買って下さいな。笑

 

2019.04.27 Saturday

Points and lines

 

 

 

 

最近は、プラッキングを勉強する機会が多い。

トラウトのミノーイングだったり、ヒラマサのキャスティングだったり。

どの道にも、エキスパートが存在していて、

その都度、貴重なアドバイスを貰えている。

少ない経験値を補ってくれるアドバイスは、本当にありがたいもの。

 

久々、ヒラスズキを狙ってみた。

アドバイスされた事と今までの経験が、色々と繋がる楽しさ。

ご機嫌な一日になりました^^

 

 

Powered by
30days Album