ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.09.14 Monday

those days

depth4.jpg

 

 

 

年月が経つのは、何故こんなに早いのだろう。

あっという間にもう…こんな年齢だし、親も年だし…

 

あの歌詞がリフレイン。

以前、そこの落ち込みを、、、

真ん中の岩を発射台に、助走付けて飛び越えたよね?

真似した(させられた?)自分は、その落ち込みに嵌ったけど。

背丈くらいには深いからね?

懐かしいよね?

現在、そこで日和る姿を見るに、

随分とこちら側に寄ってきてくれた様で、

とっても嬉しい限りです。爆

2020.09.05 Saturday

どげんもならん?

depth1.jpg

 

 

 

おい!大丈夫か?

気をしっかり保て!

(心の)傷は浅いぞ!爆

 

この日の鮎釣りは・・・

アオサの流れ弾に被弾しまくりでした。

2020.09.02 Wednesday

健康増進部活動

depth2.jpg

 

 

 

久しぶりの部活動です。

灼熱予報が出てるなら、行先は一つ。

源流へ行こう!

谷底はやはり涼しく、マイナスイオンたっぷり。

遡行は楽ではないんだけど、

その際どさも、達成感を満たしているのかな?

 

2020.08.27 Thursday

晩夏

depth2.jpg

 

 

 

いよいよ、鮎釣りも終盤戦です。

同時に山女魚も・・・

その前に、台風シーズンでもありますが。

抗いようのない自然に、翻弄される日々です。

 

2020.08.19 Wednesday

Hit the eyes!

 

deepth1.jpg

 

 

 

初めて竿を出す川は、気分が新鮮です。

ポイントを求めて彷徨う覚悟だったんだけれども、

G川の番人トラウティストが、たくさんの情報をくれた^^

なかなか教育が行き届いているじゃないか!

どっちのSSに仕込まれたんだい?笑

 

 

 

depth2.jpg

 

 

 

猛暑だったんだけれども、

暑くなれば、首まで浸かって深トロ狙い。

掛かる鮎も良型多々!

とても楽しい釣りでした。

 

2020.08.11 Tuesday

draw

 

depth1.jpg

 

 

 

とある鮎釣り日和の事。

籠を担いだ、ウェットスーツな親爺さんがやってきた。

私が釣りをしていた所までやってきて、

降ろした籠から取り出すのは…手投げ網!

 

私 「」

まさかとは思いつつ、その親爺さんに話しかけてみる…

 

「もしかして、その網ここで投げやっとですか?」

親爺さん「網解禁まで二か月、楽しみにしとったとよ〜」

 

うむ…ここで網投げる気満々だね。汗

色々会話していると、地元の気の良いおっちゃん。

仕方ない。

「あっちで釣りするから、ここでやってよ^^」

すると、

親爺さん「わしが移動するから、あんたがやんないよ^^」

 

変な譲り合いが始まる。笑

まだまだポイントは空いてる状況。

ならば!と、気持ちよく譲る事にした。

その親爺さん、それはそれはもうご機嫌で喜んでくれた。

それからは、網を投げたり仕掛けたり、

ゴーグル付けて潜っては、鮎を追い回したり。

夏を満喫、とっても楽しそうだ。

 

 

depth2.jpg

 

 

 

そんな親爺さんを、微笑ましく眺めていたんだけど、

一つだけ懸念している事があった。

そのチョイ上流は、鮎が沢山見えるトロ場なんだけど、

そこで、”あの人”が黙々と泳がせ釣りをしていた事。

当初は随分離れていた両者。

網打ち親爺さんは、ジワジワ上流へ、

”あの人”は、ジリジリ下流へ。

ど、どうなってしまうのだろうか?汗

 

いよいよ両者の距離、竿一本くらい?

もはや、ゼロといってもいいかな。

”あの人”は、背後をチョー気にしつつも、竿を立てて静かに泳がせ釣り。

網打ち親爺さんは、竹の棒で激しく水面を叩き、鮎を追い込んでいる。

なんてシュールな光景なんだ・・・

一触即発な状況なんだけど、もう腹筋崩壊。笑

おかしくておかしくて堪らない。爆

鮎、掛かる訳ないじゃん。爆々

 

結局、友にも網にも鮎は掛からず。

痛み分け・・・(≧▽≦)

 

 

※内容と画像は全く関係ありません。笑

 

2020.08.03 Monday

I felt gloomy

 

depth1.jpg

 

 

 

 

いつかの鮎釣り。

 

その日は増水明けで、白川気味。

あんまり掛からないぁ・・・

そんな感じで、独りぼやいていると。

対岸の上流で竿を出していた鮎師が、竿を置いてズンズン下ってくる。

対岸の正面までやって来ると、何やら大声で叫びだした!

何を言っているのか、全く聞きとれないが・・・

私を指差し、そして自分の足元を指差し叫んでいる!

これは…あれか!

「ここは代々、ご先祖様の時代からワシのポイントじゃ!怒」

って、やつか!

折角釣りに来て揉めるのも嫌なので、

「分かりましたよ…」というジェスチャーをおくり、釣り下る事にした。

年配の鮎師だったみたいだが、腰に手をあてこちらを眺めている。

 

「お〜、こわこわ…」

瀬を三〜四つくらいは空けてたのに、何て狭量な御仁なのだ…と思いながら。

しばらく眺めておられたが、納得したのか引き返して貰えた。

丁度お昼時でもあったので、その御仁は、そのまま休憩を取られるようだ。

一時間は経っただろうか、その御仁は遠目で見てお昼寝中。

ならばと、ジワジワ釣りのぼる。

いや、田舎ルールに照らしてもマナー違反には程遠い距離がある。

先ほどの位置までやってくると、

その御仁、飛び起きてこちらに走ってくるではないか!

 

「ええっ!マジデスカ・・・汗」

文句じゃなきゃいいな…と願っていたけど、、、

やっぱり、大きなジェスチャーを交え、対岸で叫んでおられる。

何を言っているのかも聞き取れないし、ちょっとウンザリ。

もう別のポイントに大きく移動しようと竿をたたむ。

その日は増水中だったので、

普段はチョロチョロの流れも立派な分流になっていた。

振り返って、そちらに歩を進める。

そんな分流の大きな石の影に、それはあった。

うん、引き船だね・・・

ああ、なるほど。

引き船を引っ張り上げて確認すると、

対岸の御仁、会心の笑みで両手を振っている。

察しが悪くて申し訳なかったけど、、、

いやいや、全くわからんし。

 

 

 

depth2.jpg

 

 

 

それからが一苦労。

強い流れに逆らいながら上流へのぼり、川を切る浅瀬を探す。

うん、ないね。汗

右往左往していると、その御仁、

枯れた竹を拾ってきなすった。

8m位あれば届くんだけど、それはその半分しかなかった。

その竹を投げ寄越して、こうおっしゃる。

「それに結んで、投げてくれ!」

 

私 「」

まあしかし、そうおっしゃるので、

言われた通り結んで投げてみる。

当然のように失速、しかも、竹が砕けて引き船が流される!

慌てて流れ下るのは、何故か私・・・

足、つかないんですけどね。

ビショビショになりながら、何とか回収して元の位置に。

 

「もう投げますよ!」

円盤投げの要領で、引き船を放り投げる!

まあまあの飛距離が出た・・・

絶妙な位置に着水して、それは難なく回収された。

投げた本人は、勢い前のめりに倒れたので、

また流されたんだけどね。

もちろん、お礼は言って頂けたのだけれども、、、

善行を積んだからって、その後大して釣れる事もなく。

このモヤモヤ、誰で晴らしてくれようか。

 

 

※画像は全く関係ありません。笑

 

2020.07.24 Friday

逆神の託宣

 

 

それは、鮎解禁前のお話。

あの人 「今度の土曜日は休んで、鮎釣り三昧するんだ^^」

 

あっ!そんな宣言しちゃうと・・・

 

 

 

depth1.jpg

 

 

 

ほらね?爆

そんな出来事が度々!

 

そして、連休の金曜日。

あの人「金曜日に先週のリベンジするんだ!」

またもや、性懲りもなく宣言しちゃう。

期待を裏切らず、大雨・・・

十分に理解している私は、

彼が行く前日に出撃させていただく。笑

 

 

 

depth2.jpg

 

 

 

こんなトロ場で。

いい具合に新苔も付いてきている。

群れ鮎も縄張りを主張する鮎も見える!

 

 

 

depth3.jpg

 

 

 

難しい事は考えず、そしてやらず。

ただ単に、上に飛ばすだけ。

時合もあっただろうけど、

このポイントに辿り着いてからは入れ掛かり。

 

 

 

depth4.jpg

 

 

 

久々に会心の鮎釣りでした。

 

 

 

2020.06.22 Monday

Pigs might fly

 

depth1.jpg

 

 

「5年くらい前に戻れ〜」

 

まだ言ってら・・・

その5年前も、竿は出してた筈だけど…

真剣度合いが、今と雲泥だもんね。

まあ・・・来世に期待して下さい。笑

 

 

 

depth2.jpg

 

 

 

荒瀬にねじ込んだり…

ねちっこく泳がせたり…

辛抱強く待ったり…

重箱の隅をほじくったり…

それでも、ポツリポツリ…

全く、楽させて貰えません。

早起きして、ポイント選択をすべきなんだろうなあ。。。

 

 

 

depth3.jpg

 

 

 

着色された鼻かんやサカサ針のありがたさに、

最近になってようやく気付いた・・・

眉間にしわ寄せながら仕掛けをいじる辛さよ。泣

 

2020.06.08 Monday

鉄人の解禁!

depth1.jpg

 

 

 

「もっと昔から、真剣にやっておけばよかった・・・」

 

そういうの、何て言ったかな?

あとの祭り?

覆水盆に返らず?

へそで茶を沸かす?これは違うか。笑

 

でも、その気力は凄いと思うよ?

こんな渇水垢腐れな状況で、二日連続の鮎釣りだなんて!

自分なんて、情けなくも半日でギブアップなんだから…

帰り支度をしてから、最後に声を掛ける。

まだまだ頑張るらしい。

 

ほとんど掛からないんだけどね。泣

 

Powered by
30days Album